陸マイラー

陸マイラーの始め方!初心者が最初にやる5つのこと

ポイ活をはじめとしたポイントを貯めることが一般的になってきた今、航空会社のマイルを貯めたいと思っている方が増えてきていると思います。

この記事では、これから飛行機に乗らずにマイルを貯める「陸マイラー」になるには何から始めたら良いのかをまとめていきたいと思います。

この記事でわかること

  • 陸マイラーになる為に、最初にやることのすべて

 

陸マイラーになる為に最初にやる5つのこと

航空会社のシステムは、ポイントとしてのマイルの貯め方、使い方だけでなく、会員サービス向けのポイントであったり、特殊なルールが存在しているので非常に複雑化しています。

なので、最初にやるべきことを5つにまとめたので、まずはこれをやってみてください。

 

マイルを貯める航空会社を決める

最初にやることは、マイルを貯める航空会社を決めることです。

 

日本人ならANAかJALのいずれか

日本在住の日本人であれば、日本を代表する航空会社である「ANA」「JAL」を選ぶのがベターです。

理由は、日本国内線の路線の充実、国際線に乗るにしても日本発着路線が日系航空会社が最も充実しているからです。

たまに、アメリカにお仕事でよく行かれる方はデルタ航空やユナイテッド航空を貯めておられる方もいますが、特別な理由がない限り「ANA」「JAL」から選ぶ方が貯めやすいし使い勝手も良いです。

 

ANAかJALのどっちを選べばいい?

選ぶ基準ですが、このどちらかであれば正直「どっちでもいい」が答えです。

好みで選んでしまってもいいですが、もし地方に住まれている方であれば、ご自身の最寄りの空港なANAとJALどっちの便が多いのかを確認されて、多い方を選ぶのが良いかと思います。

ただそれだとちょっと味気ないので、これまでの経験を元に自分が貯めて使った範囲での良し悪しをコメントしますので、選び方の基準にしてもらえればと思います。

 

・貯めやすさ

マイルの貯めやすさでは、断然ANAの方が貯めやすいです。

これは、ポイント交換によるポイント還元率がANAの方が高い点があります。

ポイントサイトで貯めたポイントはANAなら75%の還元率JALなら50%の還元率で交換になります。

 

あとはお買い物で貯めたポイントをマイルに交換できる点にあります。

具体的には、楽天ポイントやTポイントといった生活に近いポイントを直接ANAマイルに交換することができます。

逆にJALは楽天ポイントやTポイントからの交換はできませんが、dポイントからの交換、イオンのお買い物で貯めることができます。

ご自身の日常的に使っているお店が対応しているポイントを基準にするのも良いかもしれません。

 

・使いやすさ

使いやすさに関しては、国内線でこの二社はほぼ変わりません。

国際線に関しては、ハワイに行くか行かないが判断基準になります。

もし、マイルを貯めてハワイに行きたいと考えているならJALの方が有利です。

ANAは成田にハワイ便が集約されており、羽田、関西からは便はありますが弱めとなってます。

ただ、ANAはA380の大型機を成田発着で導入しているので、この機材も目的とするメリットは大いにあります。

それに引き換えJALは、成田、羽田、関西、名古屋、福岡などの空港から飛んでおり、地方空港でも便が充実しています。

なので、ハワイに限っていえばJALの方が有利となります。

地方に分散してる分、JALのハワイ便の方が予約も取りやすいです。

ハワイ以外のその他の地域で考えれば、ANAとJALでは大きな差はありません。

 

・空港ラウンジの充実度

国際線の空港ラウンジサービスに関しては、日本国内空港のANAラウンジとサクララウンジでは、これもそんなに大きな差はありません。

ただ、海外の空港でスターアライアンス提携ラウンジ(ANA)とワンワールド提携ラウンジ(JAL)を比較すると、ワンワールドラウンジの方が良いです。

具体的になにが良いかというと、食事のメニューや味などの充実度がJALの方が良い印象です。

 

・国際線の座席

国際線の座席は、エコノミー、プレミアムエコノミーならJALの圧勝です。

エコノミークラスはJALの方がシートピッチが5センチ広く、プレミアムエコノミーに関しては10センチもJALの方が広いです。

ビジネスクラス以上になると、座席での差はないと思ってよいです。

 

↓ANAビジネスクラスのスタッガードシート

↓JALビジネスクラスのスカイスイート3

 

・国際線の機内食

国際線の機内食は、これもエコノミー、プレミアムエコノミーはJALの方が美味しいと思います。

ビジネスクラス以上になると、これもANAとJALでは互角と思ってもらって良いです。

↓ANAビジネスクラスの機内食(洋食)

↓JALビジネスクラスの機内食(洋食)

 

・総評

貯めやすさではANAの圧勝ですが、それ以外は僅差ですがJALの方がいいかなというのは個人的感想です。

なのでどっちがいいのか正直甲乙はつけにくいですが、初心者なら貯めやすいANAの方がいいのかなとは思います。

 

マイレージ会員に登録する

「ANA」か「JAL」どちらを貯めるか決めたら、マイレージの会員登録をします。

ポイントプログラムの会員登録なので、両社とも無料で登録することができます。

無料なので、両方登録してしまっても結構です。

 

ANAマイレージクラブに登録する

 

JALマイレージバンクに登録する

 

マイルが貯まるクレジットカードを作る

マイレージ登録まで完了したら、次にやることはマイルの貯めるクレジットカードの入会です。

ANAであれば、ANAカード

JALであれば、JALカード

が最初は無難です。

マイルが貯まるクレジットカードは、年会費が最低でも2,000円+税からですが、マイルを貯めることを目的とするなら、ここをケチらない方が良いです。

年会費をケチると、結果マイルが貯まらないので大損をすることになります。

 

ポイントサイトに登録をする

クレジットカードを作成したら、次にやることは「ポイントサイト」への登録です。

ポイントサイトは、高額案件をやって一気に大量に貯められる瞬発力もあれば、日常のショッピングでコツコツ貯めることもできます。

ショッピングは楽天市場やヤフーショッピングなど日頃から使えるショッピングサイトもあり、ポイントサイトを経由するだけでポイントの還元率が良くなるので、同じ買い物をするなら確実にポイントサイトを経由した方がお得になります。

そんななか、マイルを貯めるのに適しているポイントサイトは「モッピー」になります。

モッピー は、

・ANAマイルへの交換のエクスプレスキャンペーン

・JALマイルへの交換のドリームキャンペーン

と交換還元率がよくなるキャンペーンを、他のポイントサイトにはない条件で独占的に開催しています。

マイルを貯めるなら、モッピー一択になります。

 

自分に合った貯め方を決める

登録関係の準備は終わったので、ここからは実際の貯め方を決めていきます。

 

瞬発力を求めるなら、ポイントサイトの高額案件を中心に攻略する

マイルの貯め方を調べていくと、「1年で20万マイル貯めた方法」などのやり方がたくさんネット上に溢れています。

そんな短期間で大量に貯めたいと考えている場合は、具体的な方法を下記の記事で説明しているのでご参考にしてみてください。

ポイントサイトでマイルを貯める!高額案件をやるメリットとデメリットはなに?

 

無理せずコツコツ貯めるなら、お買い物でクレカを必ず出す

コツコツ貯めていくなら、日常のお買い物では必ずクレジットカード決済をすること。

なるべく通販を利用する様にして、ポイントサイトを経由して楽天市場を活用するようにしてください。

お店で現金で支払っていてもマイルは一向に貯まりません。

クレジットカード払いを徹底するところから陸マイラー活動は始まります。

 

クレカの紹介ができるなら紹介で貯める

あなたが、クレジットカードの紹介ができそうなのであれば、クレジットカードの紹介が最も貯まるかもしれません。

ご家族、友人だけでなく、お茶会、セミナー、ブログなど紹介方法は多様です。

クレジットカードの紹介に興味がある場合は下記の記事をご参考ください。

アメックスカードを紹介する方法!口コミ、ブログ、セミナーどれがいい?なぜアメックスを紹介したいのか?

 

まとめ:陸マイラーを始める為に最初にやること

陸マイラーになる為にやることをご紹介してきました。

1. マイルを貯める航空会社を決める

2. マイレージ会員に登録する

3. クレジットカードを作る

4. ポイントサイトに登録する

5. 自分に合った貯め方を決める

 

以上、5つのことを最初にやるようにしてください。

この5つが終わったら、あとは毎日コツコツとマイルの貯まる生活をしていくだけになります。

 

-陸マイラー

Copyright© へそくりポイポイ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.